2016年12月22日

リハビリテーション学科第4回卒業研究発表会を開催しました。

12月7日第4回卒業研究発表会を開催しました。

最優秀賞に『砂地疾走時の循環応答と疾走に影響する下肢筋力の検討(理学療法学専攻塚原君則武さん共著)』、優秀賞に『トレッドミルの傾斜角度変化による循環動態への影響(理学療法学専攻太田君単著)』『移乗介助における映像教示と体験教示の効果(作業療法学専攻今津さん岩田さん共著)』、学科長賞に『指示理解に対する作業療法-ロボットを使用した感覚統合-(作業療法学専攻飛田さん単著)』が選ばれました。
おめでとうございます。

本学リハビリテーション学科では、探究心を持ちリハビリテーションを出来得る人材をこれからも育てていきます。

最後になりますが本学の卒業研究に伴い、多方面からご協力やご指導いただきましたこと、深く御礼申し上げます。

*研究実験の様子などは、本学科フェイスブック本学インスタグラムに掲載しています。お時間があればそちらも見てください。

281207.jpg
posted by 岐阜保健短期大学 at 15:43| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする